いっこ にこ ワンコ

ささいなことが幸せと感じるこの頃・・・☆

星守る犬

星守る犬
あるHPから、「星守る犬」というを紹介されていました。

犬の本は、何気なく読んでみたいと思うので、手に入れてみました。

「星守る犬」とは、「犬がもの欲しそうに星を見続けている姿から、手に入らないものを求める人のことを指す」
という意味の言葉だそうです。

2話構成で、あらすじは
「星守る犬」は、とある家に拾われた捨て犬「ハッピー」の視点で描かれているもの。
仕事を失い、病を患い、家族と住む家も失った「おとうさん」が、愛犬ハッピーと共に
旅に出るお話です。

「日輪草」は、とある町にケースワーカーが、発見された車の中から見つかったものを
手掛かりに車の持ち主を調べようとするお話です。
ケースワーカーが過去に飼っていた犬の思い出を交えて描かれています。


「星守る犬」はさらっと読んだのですが、
「日輪草」は、スイッチオンで、ダァーと泣けました。

結末は冒頭に出てきており、話自体は単純なのですが・・・。


映画化されるようですが、私は、映画館では決して観ません。

家で、「ティッシュ」と「タオルを数枚」手元に置いて、観ることにします。

該当の記事は見つかりませんでした。